オーナーとしての施設管理

自動販売機

今所有しているマンションやアパート、事務所や工場などにまだ一台も自動販売機が設置されていないのであれば早めに業者に依頼するべきです。自動販売機の設置はサイドビジネスとしての印象が強いですが、建物や土地の管理者にとってはその場所の利便性にも関わってきます。ちょっと飲み物が欲しくなった時に少し歩いてコンビニや自動販売機のある所まで行くよりも、そこにある販売機を利用したほうが圧倒的に楽です。こういった事情があるので、単純に収入を増やそうと考えるのではなく、そこで住む、あるいは働く人たちが快適に過ごせるようにすることが重要となります。設置自体も業者に依頼すれば最初の工事からその後のメンテナンス、品物の補充などほとんどの作業を任せることが可能です。場所の賃貸料金さえもらえれば電気代などは十分ペイできるので、いきなり大量に並べるよりも、まずは一台から始めてみるといいでしょう。

工事などの相場について

自動販売機

自動販売機の設置には工事が必要となりますが、それには業者との交渉などによって自費で行うことも多々あります。人通りの多い場所であれば問題なく業者に任せ、初期費用を抑え、その後の管理も順調に進めることができるのです。しかし、マンションなどの建物の中、敷地内であった場合はたいていの場合は自費で工事を依頼しなければならないので、そのことは知っておきましょう。自動販売機は決して自動的に収入がもらえるお得な機械ではなく、業者とのビジネス契約に基づく商業行為となっています。初期投資の費用で赤字になってしまい、損失を取り戻すことなく撤去するというのも十分にあり得ることなので、最初は一台から始めるべきです。実際にその建物や事務所の利用者が自動販売機を使うかどうかは未知であり、黒字経営になるかは予測がつきません。業者もそのあたりは慎重になる者なので、契約を締結する前に十分に意思の疎通を行っていかなければならないでしょう。担当者によってはそういった不都合な情報を隠蔽し、工事費用などを押しつけてノルマを達成しようとすることもあります。その場合はクレームをつけて担当者を変えてもらうか、業者自体を変えるようにするとトラブルを防ぐことが可能となるでしょう。工事費用やメンテナンスの費用は自動販売機の設置場所、販売する品物によっても大きく異なってくるのでしっかり業者と話し合うべきです。シンプルな飲み物類の他にも最近は様々な品物を販売しているので、その施設に一番都合のいいものを選んで快適で過ごしやすい施設にしていきましょう。